乙4の独学 後編‐勉強方法「法令」

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 「危険物取扱者 乙種4類(乙4)の独学」の後編で中~上級者向け内容。独学者向け。乙4の3つある試験科目のうち、このページでは、「法令」の勉強方法を述べる。「法令」のヒントやコツ、捨て問リスト、憶え方や語呂合わせのリンクなどを掲載しており、実力の養成に有用。当該ページで、「法令」の独学での進め方を習得できる。また、独学でも、合格レベルに達することができる。

ひとくち乙4「法令」

 

 危険物取扱者の乙種4類(乙4)の「法令」ですが、ちゃんと、テキストと過去問を消化すれば、まったく問題はありません。

 「法令」を苦手とする人が多いでしょうが、実は一番“落ちにくい科目”です。

 勉強方法も、ある程度、確立されているので、本ページの「捨て問OK」や「コツ‐語呂合わせ・憶え方をフル活用」くらいは、目を通して、試験勉強に臨んでください。

 基本的に、「法令」は、「暗記と記憶」だけなので、やればやるほど、実力は伸び、成績は安定します。

 たとえば、例題には、下のような問題が挙げられています。

 

 一見すると難しそうですが、ある程度、実力が付けば、どうってことのないボーナス問題に見えるはずです。

 どんな人でも、たとえ、仔犬や配偶者でも、相応の時間と労力を投入すれば、合格点を確保できます。

 反対に言えば、「法令」で落ちる人は、単に、勉強不足なだけです。

その前に

 

 独学の前提として、テキストには「チャレンジライセンス 新訂版」を、過去問には「乙種4類 危険物取扱者試験」を使うことを想定しています。

 文系・理系ともども、「一番やりやすい」との評を受けています。この2冊を念頭に、読み進めてください。

 なお、他の科目の勉強方法については、「勉強方法まとめ」、「乙4独学 物化」、「乙4独学 性消」を、参考をば。

 では、以下、本編に入ります。

インデックス

  1. 法令の文系・理系
  2. 法令の勉強方法を手短に
  3. 法令の傾向
  4. 「捨て問」OKはここだ!
  5. 『コツ』‐語呂合わせ・憶え方をフル活用
  6. 「法令」のヒント1‐問題演習優先
  7. 「法令」のヒント2‐ずっとやらない
  8. 「法令」のヒント3‐難問は無視
  9. 法律用語が苦手なら

法令の文系・理系

 「法令」は、ぜんぶで「約40個」の論点があります。

 んなもんで、1日当たり3コの論点を潰すとすれば、「40/3」で、「14日くらい(2週間強)」で、「法令」が終わる勘定となります。(実際はもっと早く終わります。)

 「文系」の人なら、「法令」は、先の「2週間強」で、問題ありません。

 「文系」最大の敵は、「物化」なので、「法令」はざっくり済ませて、「物化」に時間と労力を割いてください。“絶対に”合格が近いです。

 対して、問題なのは、「理系」の人です。もしかすると、2週間では、終わらないときがあります。

 「法令」は、数字や語句をひたすら憶えるだけなので、「理系」の人は、手間と時間をかなり食います。

 理系の人は、ひとまず、「危険物取扱者 乙種4類(乙4)の公式過去問+解説」で、「法令」を数問偵察して、「困難度(やばさ)」を把握してください。

 例題を見てみて、(こんなん、ふつうじゃない)といった感想なら、「法令」は、特に、意識する必要はないです。

 しかし、(なにこれ?こんなことやるの?!)的に、困惑してしまったなら、「法令」に、多めの時間を割きましょう。

 「理系」の人は、「法令」で足切りにかかって不合格となるケースが「大」です。

 「理系」の場合、「天敵」とまではいいませんが、「法令」が難所となるので、時間に余裕を見ておく(危機感を持っておく)のが無難です。

法令の傾向

 「法令」の昨今の傾向からすると、定番論点・頻出論点だけに絞る勉強は、危険です。

 テキストの主要論点が満遍なく出題されています。

 また、公式の例題(過去問)でも、あまり出題実績のない「予防規定」や「監督処分」がちらほらと顔を出しています。

 参考:2問:予防規定

 参考:8問:許可の取消

 こんな次第で、優先する論点は、「ない」といった塩梅で、すべての論点を、見ておくことになります

 テキストを満遍なく読み込んで、主要な数字やキーワードを憶えておく必要があります。

 また、過去問でも、一通りすべての論点を、つまり、あまり出題のない論点でも、押さえておく必要があります。

「捨て問」OKはここだ!

 先に、「満遍なく勉強せよ」といいましたが、合格基準は6割得点なので、全部が全部を、完璧に仕上げる必要はないです。

 で、論点の中には、費用対効果の悪いものもあるので、本来ならやるべきですが、時間に余裕がないとか面倒とかなら、「捨て問」もOKです。

 んで、「捨て問」可能なところは…、

 ・消火設備

 ・警報設備

 ・危険物保安統括管理者

 …です。

 「消火設備」と「警報設備」は、細々した規定が多く、難問が多いです。

 たとえば、例題には、下のような問題が挙げられています。

 

 わたしは、消防設備士の3つの類に合格していますが、(アレレ?)となって、解けませんでした。

 「消防設備士」試験の経験者ですら、「???」となる「消火設備」と「警報設備」は、「捨て問」でよいでしょう。

 次に、「危険物保安統括管理者」ですが、巨大施設(石油タンクとか製油所とか)が対象なので、一般の危険物取扱者とは、そう縁がなく、本試験でもそんなに出ません。

 しかも、資格要件に、危険物の免状がないため、ことさらに、関係がないです。

 よって、「危険物保安統括管理者」も、捨ててOKです。

 なお、「危険物保安監督者」は、資格要件に危険物の免状が関係しており、そして、「危険物施設保安員」は、免状がらみの「ひっかけ」が頻出なので、絶対に捨ててはダメです!

法令の勉強方法を手短に

 「法令」の1個1個の論点は、ボリュームがそうありません。

 一概には言えませんが、論点1つ当たりは、だいたい4~5ページなので、「15~20分」くらいで、終わってしまいます。

 よって、通勤・通学時などの細切れ時間を、最大限に活用すべきです。

 また、ボリュームが少ないので、短期間・短時間で、数多く勉強すると、効率がいいです。

 たとえば、夜寝る前に、テキストを手にして、論点を1つ済ませるといった感じです。

 後述する「ヒント」にも述べていますが、長時間、「法令」のような暗記主体の勉強をすると、脳が腐るので、「短期間・短時間で、数多く勉強する」をモットーに進めてみてください。

 わたしは、通勤の電車の中で、「法令」のほとんどを、済ませました。

法令の『コツ』・・・語呂合わせ・憶え方をフルに活用

 法令の『コツ』ですが、端的に言うと、手前味噌ながら、ブログの「危険物・乙4‐法令の投稿記事」で、先に、試験に出るところやポイント、語呂合わせ・憶え方を、ざっと押える、といった寸法です。

 たとえば、頻出論点の「指定数量」ですが、「指定数量の伝説的憶え方」や「指定数量の計算のコツ」で解き方を憶えれば、公式過去問の「3問:指定数量と危険物当て」くらいは、スグに解けます。

 続く公式過去問の「4問:指定数量と危険物当て」も、「保安距離と保有空地は「語呂暗記」でセットで憶える」で、スンナリ解けるといった次第です。

 先のブログ記事は、わたしが受験生のときに愛用したものです。いまでも、「乙4の主要な語呂合わせのまとめ」などは、かなり有効かと思います。

 また、「まとめ」的な記事もあります。「「危険物・乙4‐法令:基準タグの投稿記事」の方も、のぞいて見てください。

 試験勉強序盤は、右も左も分からないでしょうが、上記記事を見ながら、(あー、ここが出るのね)とか、(ここは、こう憶えるんだ)的に、テキストの各論点をチェックしたり、語呂をメモっていってください。

 楽できるところは、楽をしましょう。

 んでは、勉強を進める上での「ヒント」を、3つばかり見ていきましょう。

「法令」のヒント1‐問題演習優先

 第1のヒントですが、法令の『コツ』は、「問題演習」です。

 序盤・中盤にかけては、テキストを読むよりも、問題をたくさん解いてください。

 ぶっちゃけ、問題演習の方が、頭に残ります。

 また、バリバリ問題を解くことで、多くの論点を短時間で消化できます。

 テキストの精読は、ある程度、問題演習で力を付けてからにしてください。

 「先:問題演習、後:テキスト精読」の方が、効率がいいです。

「法令」のヒント2‐ずっとやらない

 次のヒントですが、『ずっとやらない』ようにしてください。

 法令は暗記事項が多いですが、覚える作業を何時間も続けても、頭がパンクするだけです。

 勉強のし過ぎで、配偶者のような馬鹿になってしまえば、元も子もありません。

 法令の勉強は、一時にドンとやるよりも、「細々とした短い時間で、数多く勉強する」のがコツです。

 通勤・通学時や、銀行等の待ち時間、もう夜のお勤めのない人は、就寝前に、1~2論点を消化して行くとよいでしょう。ホント、細切れ時間で、多くの論点を済ますことができます。

「法令」のヒント3‐難問は無視

 本試験の「法令」では、おおむね2~3問は、難問や奇問の類が出題されます。

 公式過去問を例に取れば、「5問:消火設備」や「6問:屋内タンク貯蔵所」などは、誰もまともに解けないでしょう。

 本試験では、こういう問題に、拘泥してはいけません。

 合格者でも解けないので、ラッキーナンバーをマークして、他の問題に進みましょう。時間を無駄にしないようにしてください。

 「合格基準」は「6割正解(9問正解)」なので、2~3問解けなくても、まったく支障はありません。

法律用語が苦手なら

 ところで、「法令」ですが、基本的な法律用語に慣れていないために、余計に苦手にしている人が多いはずです。わたしもそうでした。

 そこで、「法律用語のコツ」に、「及び(および)」と「並びに(ならびに)」や、「または」と「もしくは」など、混同しやすい法律用語をまとめているので、参考してみてください。

 特に、読んでおいてほしいのが、「以下・以上・未満・超える」です。

 「含むか、含まないか」は、法令で頻出論点です。一度は目を通して、使い方をチェックです。

乙4勉強方法リンク

 乙4の科目別勉強方法は、以下のページです。

 ・乙4独学「勉強方法」まとめ

 ・乙4独学「法令」

 ・乙4独学「物化」

 ・乙4独学「性消」

乙4のこまごました試験情報

 乙4に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者 乙種4類:ブログ記事」をばご参考ください。

 合格体験記は、「乙種4類の合格体験記」です。

 また、乙4の求人数など、資格情報をまとめた「乙4:独学資格ガイド」も、併せて、お目汚しください。

 ビルメン資格に興味があるなら、「設備系資格優先順位」や「全くゼロからのビルメン資格」が役に立つかと思います。

みんなとシェアする