乙4の独学 後編‐勉強方法「物化」

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 「危険物取扱者 乙種4類(乙4)の独学」の後編で中~上級者向け内容。独学者向け。乙4の3つある試験科目のうち、このページでは、「物化」の勉強方法を述べる。「物化」のヒントやコツ、捨て問リスト、憶え方や語呂合わせのリンクなどを掲載しており、実力の養成に有用。当該ページで、「物化」の独学での進め方を習得できる。また、独学でも、合格レベルに達することができる。

ひとくち乙4「物化」

 

 危険物取扱者の乙種4類(乙4)の「物化」ですが、当該「物化」の論点は、おおむね「15個」です。

 本試験では、「高校化学」レベルの物理・化学の問題が出題されるほか、『危険物』を扱う試験らしく、燃焼や消火(消火器・消化剤)に関する出題があります。

 本試験の出題数は「10問」で、「計算問題」系と、「知識問題」系に大別されます。

 一概には言えませんが、「例題第18問:mol計算」といった計算問題が「2~4問」で、残りの「6~8問」が「例題第20問:消化剤」的な知識問題です。

 当該「物化」は、文系と理系とで、事情がまったく異なります。

 理系はピクニック気分でOKですが、文系は捻り鉢巻・手甲脚絆の次郎長スタイルで臨まねばなりません。

その前に

 

 前提として、テキストには「チャレンジライセンス 新訂版」を、過去問には「乙種4類 危険物取扱者試験」を使うことを想定しています。

 文系・理系ともども、「一番やりやすい」との評を受けています。この2冊を念頭に、読み進めてください。

 なお、他の科目の勉強方法については、「乙4勉強方法まとめ」、「乙4独学法令」、「乙4独学性消」を、参考をば。

 では、以下、本編に入ります。

インデックス

  1. 物化の文系・理系
  2. 文系の『物化』傾向
  3. 文系の『物化』
  4. ヒント1:知識問題は、暗記せよ
  5. ヒント2:計算問題も、憶えよ
  6. コツ【画像あり】繰り返し付箋
  7. 「捨て問」リストは、3つまで

物化の文系・理系

 まず、理系の人は、公式過去問(例題)の「物化」で、乙4の「物化」レベルを確かめてください。

 (ぜんぜん余裕じゃない?)であれば、大丈夫です。

 「物化」で新しく学ぶのは、「消火・消火器・消火剤」くらい。

 そこだけやって、他の科目に進んでください。

 まあ、不安があるなら、一通り過去問を解いておけば、よいでしょう。

 さて、問題は、文系の人です。

 文系にとって、「物化」は、最難関科目となっており、鬼門中の鬼門です。ぶっちゃけ、文系は、「物化」で、落ちます。

 文系にとって、本試験とは、実質的に「物化」の試験です。

 「物化」さえ、6問正解できたら、合格です。よって、文系は、「物化」に“あらゆる資源を投入する”必要があります。

文系の『物化』傾向

 乙4試験では、都道府県ごとの、完全な過去問が公開されていません。(例題は公開されています。

 よって、以下に述べる「傾向」については、わたしの『憶測』が多分に入っているので、話半分でお願いします。

計算問題が死活問題

 さて、本試験の「物化」ですが、「知識問題だけで、合格点の6割は、取らせない」“作為”を感じます。

 ごぞんじのように、「物化」の出題は「10問」で、「6問」正解できれば、合格となります。

 先述しましたが、「10問」の構成は、知識問題が「6~8問」で、計算問題が「2~4問」となっています。

 知識問題「6~8問」のうち、「4~5問」は、基礎・基本的な問題だったり、やさしい系だったりで、穏当に、点が取れるのです。

 しかし、残る「2~3問」は、新問題だったり、難問だったりで、得点が実に覚束ないのです。

 つまりは、知識問題で確実に取れるのは、「4~5点」という勘定となります。

 従って、です。

 文系であっても、計算問題で「1~2問」を正解しないと、合格点に届かない、といった寸法です。

 よって、文系は、受験に際しては、「計算問題ができないと落ちる、最低でも1問は要る」くらいに、“慎重に”考えておくべきです。

 危険物試験は、主催者が「都道府県」ごとなので、傾向に幅はあると思いますが、1問でも計算問題が取れるように、テキスト・過去問を繰り返すべしと、助言しておきます。

 そもそも、危険物は、「理系」の資格です。やっぱり、計算問題からは、逃げられないのです。

文系の『物化』‐知識問題3回。計算問題5回。

 端的に言うと、文系は、テキストと過去問の「物化」の「100%化」を、目指します。

 言い換えれば、テキスト・過去問に出た問題は、1問たりとも落とさなくなるまで、繰り返す、といった寸法です。

ヒント1:知識問題は、暗記せよ

 まず、知識問題ですが、「暗記と記憶」で済むので、文系の人でも、大丈夫なはずです。

 

 こういう問題が、典型的な知識問題です。

 頭が痛くなりますが、要は、テキストにて、それぞれの定義を押さえるだけなので、文系でも、知識問題は、十分に得点圏にある、といえます。

 また、知識問題では、語呂合わせなどが有効なものも多いです。

 たとえば、「イオン化列」などは、語呂を暗記していれば、誰でも解けます。「公式過去問 第24問:金属のイオン化列」くらいの問題なら、文系でも、1点が取れるはずです。

 「物化」の知識問題は、確かに、手に負えないものもありますが、多くは、攻略できます。

 テキストと過去問とを、「3回」は、繰り返してください。

 文系は、「物化」を「数」で攻略します。

ヒント2:計算問題も、憶えよ

 文系にとって、最も頭が痛いのは、化学式や燃焼式といった“計算問題”です。

 わたしもそうだったのですが、文系の人は“計算問題”に、手をジュウジュウと焼くはずです。

 例題には…、

 

 …といった問題が挙げられています。

 本試験でも、同レベルの問題が出ると、踏んでおきましょう。

 ぶっちゃけ言うと、過去問の計算問題は、答えを憶えるくらいに、繰り返します。

 個人的には、計算問題だけ、「5回」は、やるべきです。

 たとえ、理屈が理解できずとも、最悪、「解き方」と「答え」を暗記してください。

 どうしてかというと、『過去問の使い回し』があるからです。

 危険物試験では、過去問で出た問題が、再び、出題されることが、多々あるのです。

 運がよければ、そっくりそのままの問題に、遭遇することもあるのです。

 また、同じ問題ではなくても、語句や数字を変えただけの「過去問の焼き直し」も、本試験では、結構、見かけるのです。

 んなもんで、過去問の計算問題を5回以上は繰り返して、解き方や答えを憶えておけば、本試験で類似問題に当たった際に、確実に1点が取れる、といった次第です。

 わたしは、甲種受験の際に、過去問とほぼ同じ問題に遭遇し、「物化」で貴重な1点を取れたことを、ここに記しておきたいと思います。その時は、合格を確信しました。

 

 先に紹介した過去問「乙種4類 危険物取扱者試験」は、毎年、版が改められるので、最新の計算問題を解くことができます。何回も繰り返して、“憶えるくらい”になっておけば、間違いなく、合格率がアップします!!

コツ:繰り返しには、ポストイット(付箋)

 計算問題は、5回以上も解くのかと、億劫に思う文系の人もいるはずです。

 しかし、「計算問題」だけなので、言うほど、時間を食いません。

 やりやすくするには、「ポストイット(付箋)を挟んで、さっさとやる」です。

 以下の画像は、乙4ではないですが、こんな感じに、ポストイットを挟んでおくと、即、着手できるので、明らかに、やる「数」が増えます。

 

 

 最初のうちは、脂汗が流れますが、慣れてくれば、すぐに終わらせることができます。

 文系合格のキーは、「物化」の「計算問題」にある、と自分に発奮をかけて、がんばってください。

捨て問リストは、3つまで

 できるだけ、「100%」を目指したい「物化」ですが、文系の人にとっては、“どうにもチンプンカンプン”な論点も出てくるはずです。

 何回か挑戦しても、「???」ならば、無理せず、「捨て問」にします。

 「捨て問」は、「3つ」くらいなら、大丈夫です。

 わたしの周りでは、「有機化合物」が全くダメという人が多かったです。

 わたしは、どうにも「酸化還元反応」が「???」で、完全に捨てていました。

 “どうにもならないもの”は、捨ててしまい、その分だけ、他の論点に労力と時間を割きましょう。こっちのほうが「点数可能性」が増えます。

 言うまでもないですが、暗記で点が取れるようなところは、絶対に捨てないでください。

 また、計算問題の「捨て問」は、「1問」までです。

物化まとめ

 「物化」は、理系には無問題でも、文系には死活問題です。

 文系は、「物化」に多くの時間と労力を割かねばなりません。

 テキスト・過去問の知識問題は、「3回」は、繰り返しましょう。

 計算問題は、「5回以上」は、やりましょう。

 ここまでやっていれば、文系でも、一発で合格できます。

 何回も受験したくない人は、「物化」を徹底攻略です。他の2科目はなんとでもなります。

乙4勉強方法リンク

 乙4の科目別勉強方法は、以下のページです。

 ・乙4独学「勉強方法」まとめ

 ・乙4独学「法令」

 ・乙4独学「物化」

 ・乙4独学「性消」

乙4のこまごました試験情報

 乙4に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者 乙種4類:ブログ記事」をばご参考ください。

 合格体験記は、「乙種4類の合格体験記」です。

 また、乙4の求人数など、資格情報をまとめた「乙4:独学資格ガイド」も、併せて、お目汚しください。

 ビルメン資格に興味があるなら、「設備系資格優先順位」や「全くゼロからのビルメン資格」が役に立つかと思います。

みんなとシェアする