危険物取扱者 乙種4類(乙4)の勉強時間

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

 危険物取扱者 乙種4類(乙4)の独学合格に必要な勉強時間は、「1~3ヶ月」を見ておくと、余裕のある試験勉強になります。細々としたことを憶えないといけないので、ある程度の時間は必要です。

 危険物取扱者 乙種4類(乙4)は、理数系の資格ですが、試験のタイプとしては、暗記・記憶型の試験です。

 一口で言えば、「文系ぽい資格」です。

 まず、試験科目の「法令」では、消防法の規制や基準、規定などの細々とした数字やルールを憶えることになります。

 「性消(危険物の性質及び消火の方法)」では、危険物の性質(色・におい・発火点・引火点・特徴)や、危険物ごとの消火の方法を憶えます。

 で、「物化(基本的な物理及び化学)」ですが、molなどの計算問題が出ることもありますが、基本的な公式を憶えないと解きようがないので、これまたやっぱり、「暗記と記憶」の作業となるのでした。

 こんな次第で、乙4の試験勉強の作業は、「憶える・記憶する」がほとんどで、時間の大半は、「憶える」ことに費やされます。

 凄く要領のいい人・記憶力のいい人は、「1ヶ月」で合格に漕ぎ着けることができます。

 まとまった時間がとれず、片手間の勉強になる人や、気楽にやりたい人、焦ってやりたくないのんびり派の人は、「3ヶ月」の間、じっくりテキストを読んだり問題を解いたりしていれば、十分に合格レベルの実力を身に付けることができるでしょう。

 わたしは薄氷を踏む思いでしたが、運よく「1ヶ月」で合格できました。

通勤や通学の勉強でOK

 ぶっちゃけて言うと、乙4は、こまごまとした知識を憶える試験です。

 たとえば、「性消」では、「二硫化炭素は黄色で臭い」とか、「ガソリンはマイナス40度で引火する」とか、「ベンゼンはゴムを溶かす」とか、「酢酸エチルは果実のような芳香があり有機溶剤によく溶けるも、水には溶けない」とか、「ベンゼンは水に浮くが、クロロベンゼンは水に沈む」とか、「ピリピリさんさん汗汗(耐アルコール泡で消火する危険物の語呂合わせ)といったような“こまごまとしたこと”を憶えます。

 たとえば、「法令」では、「硫黄は屋外の貯蔵所で保管してもよい」とか、「水バケツは、第5種消火設備である」とか、「運搬車両の“危”標識は一片0.3メートル」とか、「“移送”が長時間になるときは、2名以上のドライバー」といった“こまごまとしたこと”を憶えます。(念のため言うと、“移送”と運搬は、法令上、全く違うことなので要注意です。)

 憶えることが細かくて多くて、ウンザリするでしょうが、反対に言えば、単純にそれだけ、なのです。

 極端に言えば、『深い理解が要らない→浅い理解でよい』のです。

 基本的な公式やテーゼが無数にあって、それらを理解した上で、複雑な応用問題を解く、という試験ではありません。

 問題を解くのに、入り組んだ前提要件を確認したり、多数の資料・データを読み取る必要はないしで、テキスト開いて憶えたら、即点数に直結する勉強になるのでした。

 このように、乙4は、「憶えさえすれば合格」できるので、努力の蓄積が効きます。

 ですから、「通勤や通学」の際に勉強しても、十分に勉強になるし、反対に言えば、「通勤や通学」の勉強でも十分に独学合格できるのでした。

 ちなみにわたしは、主に通勤の電車の中での勉強でした。大きく時間の取れない社会人の方でも、乙4は大丈夫です。

勉強時間まとめ

 乙4は、「1~3ヶ月」の勉強時間を見ておくと、必要かつ十分な「暗記と記憶の時間」を確保することができます。

 試験勉強時間の大半は、“こまごまとしたこと”を憶えるだけなので、細切れ時間を有効に活用すると、勉強時間の短縮につながります。

 通勤・通学時間や、待ち時間や手持ち無沙汰な時間を、試験勉強に充てるとよいでしょう。

乙4のこまごましたもの

 乙4に関するこまごましたことは、たとえば、「危険物取扱者や消防設備士を他府県受験するときの願書と封筒」などを、ブログにも投稿しています。

 興味のある方は、「危険物取扱者 乙種4類:ブログ記事」をばご参考ください。

 試験科目個々の勉強方法は、「乙4の独学」をお読みください。

みんなとシェアする