独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

灯油‐乙4性消ざっくりノート

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

乙4危険物「灯油」のポイントを重要度別にランク分け列挙。独学者向け。灯油はド頻出・ド定番の危険物である。必ず押さえておかないといけない。「最近の傾向」「ド定番事項」「定番論点」とをまとめたので、通勤・通学時の復習に最適。横断まとめへのリンクも。

乙4危険物の第2石油類:非水溶性危険物の中で、最もよく出る危険物が「灯油」です。

本試験の問題は、基本的な論点ばかりなので、試験で出たら確実に点にしましょう。

最近の傾向‐Sランク

「灯油」で最も押さえておきたい論点は、「発火点が約220度」と「引火点は40度」です。

「灯油」は、乙4危険物のなかでも、珍しく「発火点」が問われます。

本試験の定番の問題としては、「灯油の発火点は、100度より低い」などと出題されます。無論、「×」です。

また、「ガソリン」と絡めて出題されることが多く…、

「ガソリンの“発火点”は、灯油よりも低い」などと、少々凝った問題が出ます。

ガソリンの発火点は、「約300度」です。

対して、灯油の発火点は、先述したように「約220度」です。

んなもんで、答えは「×」と相なる次第です。

ちなみに、皆さんご存知ですが、引火点はガソリンのほうが低いです。ガソリンは「-40度」で、灯油は「40度」です。

出題者は、意図的に、ガソリンと灯油の、「発火点」と「引火点」との混同を狙ってきています。底の浅い受験生は、即討ち取られることでしょう。

こちらとしては、逆手を取って、念入りに、何回も唱えて、「発火点」と「引火点」の数字を、憶えるだけです。

繰り返します。

灯油の発火点は「220度」で、引火点は「40度」。

ガソリンの発火点は「300度」で、引火点「-40度」。

ガチンコで暗記しておくのが無難です。

ちなみに、お友達の「軽油」の発火点は、灯油と同じ「220度」です。

ド定番‐Aランク

「灯油」でド定番の論点は、「無色または淡黄色」です。

「灯油」は、乙4危険物の中では珍しい「有色」の危険物です。

そのレア度から、狙われやすいので、頭に入れておきましょう。

参考:色横断まとめ

押さえ・確認‐Bランク

「灯油」は、基本的に、乙4に共通する性質が問われます。

たとえば、「静電気がたまりやすい」とか、「蒸気比重は1以上」とか、「布に染み込むと危険」とか、「霧状にすると危険」とかです。

なお、「霧状キケン」は、「用途問題」で出る可能性もあるので、憶えておきましょう。石油ファンヒーターは灯油を「霧状」にして燃やしています。

また、言うまでもないのですが、「灯油」は、第2石油類の「“非水溶性”危険物」に分類されているように、「水に溶けない」です。

出題者は、ソ連の重戦車:KV-1のように、正面突破が好きなようで…、

「灯油は水に溶ける」といった、真正面から選択肢を繰り出すことがあります。

こう、正々堂々と出されると、意外に「アレレ?水に溶けないよな・・・」と、一抹の不安を抱きかねません。

きっちり、「灯油は、第2石油類の“非水溶性”危険物」と憶えましょう。

ま、こういった次第で、難しいものはでないのが「灯油」です。

まとめ

さて、「灯油」は、別名「ケロシン」と呼ばれますが、これは、別段、憶える必要はありません。

本試験では、「灯油」で一本化されているので、「灯油」で憶えれば、事は足ります。配偶者を御覧なさい。余計なことは「やらない」のが一番です。

「灯油」は、従来どおりのオーソドックスな問題が多いです。本試験で遭遇したときは、キッチリ点にしましょう。

なお、勉強方法等は、「乙種4類の独学」を…、

独学向け教材については、「乙4のテキスト・問題集」をば、お目汚しください。

また、危険物取扱者について、適当かつ曖昧なことを、たとえば、「乙4合格後に取る資格」などを、ブログにまとめています。「危険物取扱者:ブログ記事」をばお目汚しください。

みんなとシェアする