独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

重合・保管・炎の色の横断まとめ‐危険物取扱者 乙種4類(乙4)の性消

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

乙4危険物の細々とした特徴の横断まとめ。独学者向け。最近の乙4性消では、重合・保管・炎の色が出題されている。昔からある論点もあるが、最近では、より突っ込んだ出題となっているので、押さえておいて損はない。

ご存知のように、乙4試験は、ほぼ毎年難しくなっており、とりわけ、「新しい問題」を出題することで、難易度を上げている体です。

以下、最近よく問われるようになった「重合」と「保管方法」、そして、「炎の色」を横断的にまとめました。

通勤・通学時や、家に帰りたくないときに、おさらいがてら、本ページで時間を潰してください。

重合

最近のトレンドの最たる論点は「重合」で、選択肢の1つとして採用されているほか、「事件例・事故例」で出題されます。

試験で問われているのは、『酸化プロピレン、アクロン酸、スチレン』の3つで、これら危険物は「重合反応」します。

なお、重合とは、単量体が結合して重合体になることです。

「重合」の意味はわからなくていいですが、重合反応が起きると、熱が生じ、この熱が重合反応を加速させてさらなる熱が生成し、最終的には熱暴走して、火災・爆発する危険のあることは、憶えておきます。

言ってしまえば、嫉妬が憎しみを生み、憎しみがさらに嫉妬を加速する、ってな次第です。

前述したように、重合論点は選択肢として、たとえば、「酸化プロピレンは、重合するので取扱いに気をつける」といった形で出るだけでなく、「事件例・事故例」でも問われるので、「酸化プロピレン、アクロン酸、スチレンは重合」と憶えておきます。

「事件例・事故例」の出題例としては…、

「低温で凝固していたドラム缶内のアクリル酸をハンドヒーターで融解させ、融解液を汲みだしていたところ発火した」

…てな長文で出ています。

おおむね、「重合反応」に該当するのはどれか?ってな出題なので、先の酸化プロピレン、アクロン酸、スチレンを覚えておけば、事は足りるでしょう。

保管

保管に特徴のある乙4危険物は、以下の通り。

・ジエチルエーテル・・・プラスチック製・アクリル樹脂製の容器ダメ。ガラス製・金属製の容器。

・二硫化炭素・・・水に入れて保存(水中保存)。有毒な可燃性蒸気を防ぐため。

・アセトアルデヒド・・・不活性ガスを注入して密栓保存。銅・銅合金、銀の容器ダメ。鋼製にする。

・酸化プロピレン・・・不活性ガスを注入して密栓保存。

保管に特徴のある危険物は、「特殊引火物」がほとんどです。

とりわけ目立つのは「二硫化炭素」の「水中保存」です。二硫化炭素は比重が重く、乙4では数少ない、水に沈む危険物です。

この中では、二流化炭素がド頻出なので、いの一に覚えます。

まあ、試験的には、「一番危ない特殊引火物は、保管方法も独特だ」ってかな感じでざっくり憶えて、個々の保管方法を消化していきましょう。

なお、特殊引火物以外の危険物の保管は「ふつう」で、密栓し、通風、換気のよい冷暗所に保管します。当該規定は、ストレートに出ることがあるので、まごつかないようにしましょう。

また、常識的なアレですが、「ガソリン」など、電気の不良導体で静電気が溜まりやすいものは、「金属製」の容器に入れます。

まあ、ガソリンがなぜドラム缶に入っているか?に思いを馳せれば、間違えることはないでしょう。

青い炎

「青い炎」が生じて燃える危険物は、二硫化炭素と、酢酸です。

あまり出ませんが、テキストに「青い炎」と明記されているので、押さえておきましょう。

蛇足ですが、何気に「燃焼時の炎の色(炎色反応)」は、危険物取扱者試験では頻出事項です。

乙4とは関係ないですが、リチウム‐赤色、カリウム‐黄色等々は、甲種ではよく出るので、乙4でも“狙われて”おかしくないです。

余力があれば、「青い炎‐二硫化炭素、酢酸」と憶えておきます。

青白い炎‐見えにくい

テキスト的には、「青い炎」と「青白い炎」は区別されているようです。

「青白い炎」とは、アルコール類(エタノール、メタノール、1-プロパノール、2-プロパノール)に共通する特徴です。

青白い炎は、明るい場所では「見えにくい」ので、これらアルコール類は、「炎が見えにくい」と表記されています。

なお、消防関係の防災の集いで、消火の実地体験として、「メタノールに点火→消火器で消火」する行事があったのですが、担当の人間が、“炎が見えにくかったことから、火が付いていないと錯誤し、メタノールを追加投入した”ところ、火の勢いが倍化し関係者(確か年少者)が火傷を負う事件がありました。

炎は見え難かっただけで、実は燃焼中であったという次第で、こういう事故が「あった」ことから、試験対策のみならず、成年の常識の1つとして、当該アルコール類の炎事情は憶えておくべきでしょう。バーベキューなどで使う携帯燃料の大半は、メタノール・エタノールの混合燃料です。

とりあえずは、このくらいが「細々した横断まとめ」です。

なお、最近の傾向として「他類問題」が出てきているので、併せて「他の類の危険物が絡んでくる問題」の方もお目汚しください。

なお、勉強方法等は、「乙種4類の独学」を…、

独学向け教材については、「乙4のテキスト・問題集」をば、お目汚しください。

また、危険物取扱者について、適当かつ曖昧なことを、たとえば、「乙4合格後に取る資格」などを、ブログにまとめています。「危険物取扱者:ブログ記事」をばお目汚しください。

みんなとシェアする