独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

乙4危険物の有毒・有害(腐食・凍傷・やけど)の横断まとめ‐危険物取扱者 乙種4類(乙4)の性消

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

乙4の危険物で、有毒なもの・有害なものを、横断してまとめている。独学者向け。有害・有毒なものは数が少ないし、本試験によく採用される論点なので押さえておきたい。品名ごとに区分して整理すると、格段に憶えやすくなるので、そのようにまとめている。

乙4危険物には有毒・有害(腐食する・凍傷になる・やけどの症状が出る)なものがあり、当該論点は、選択肢に多用されています。

憶えておくと、選択肢の判別に有用です。

ただ、逐語的にやると面倒なので、「品名(特殊引火物とかアルコール類とか第1石油類とか)」ごとに区分して憶えると、記憶のノリがいいです。

以下にまとめているので、通勤や通学時の時間つぶしに利用してください。

特殊引火物の有毒・有害

特殊引火物では、いの一番に「二硫化炭素」です。

二硫化炭素は、配偶者に劣らぬほど厄介な危険物で、まず蒸気が有毒です。

しかも、燃えると有毒な二酸化硫黄(亜硫酸ガス)が発生するに加え、発火点は「90度」と、危険この上ありません。

有毒・有害を押さえるなら、まずは、二硫化炭素から、です。

次に、「酸化プロピレン」ですが、これは「保険」程度でいいでしょう。

酸化プロピレンは、蒸気が有毒で、皮膚に付着すると「凍傷」に似た状態になります。

第1石油類の有毒・有害

第1石油類の有毒筆頭は「ベンゼン」です。

当該ベンゼンの「有毒」は、トルエンと比較して憶えます。シンナー(thinner:薄め液)等の有機溶剤は、毒性の強いベンゼンではなく、毒性の低いトルエンが使われています。

本試験では、こうした実務事情を反映して、ベンゼンとトルエンのうち、どちらが強い毒性かを問う出題が多いです。

典型的な問題は、「トルエンの方が、ベンゼンより毒性が強い」で、当然「×」です。

なお、最近のトレンドでは、「ガソリン‐蒸気を吸うと頭痛がする。皮膚に触れると炎症する」といった、実務を反映した選択肢が登場しています。

セルフスタンドが多くなっている昨今、ガソリンについて、憶えていて損はないでしょう。

最後に、第1石油類では、「ピリジン」も有毒ですが、あまり出ないので、まずは、「ベンゼン有毒」を先に頭に入れましょう。

アルコール類の有毒・有害

アルコール類で有毒なのは、「メタノール(メチルアルコール)」です。

当該メタノールを服用すると、失明したり死に到ったりします。

「失明→目が散る」から、「“目散る”アルコール」と、よく言われていました。

ちなみに、「エタノール」、つまり「エチルアルコール」は有害ではなく、わたしたちお馴染みの「お酒のアルコール」です。

なお、ソ連時代のある工場では、消毒薬として「エタノール」を使っていたのですが、あまりに減りが多かったので、代わりに「メタノール」を使ったところ、入院する工員が激増したそうです。

第2石油類の有毒・有害

第2石油類は、シンプルに憶えられます。

有毒・有害なのは、「第2石油類の水溶性危険物」だけだからです。

つまり、「酢酸(氷酢酸)」、「プロピオン酸」、「アクリル酸」が有毒・有害ってな次第です。

これらは、腐食性が強く、皮膚に触れるとやけどし、蒸気を吸い込むと粘膜が炎症を起こします。

水溶性危険物の覚え方は、「水溶性危険物は語呂+ぐりぐりで憶える」を参考にしてみてください。

第3石油類の有毒・有害

第3石油類の有毒野郎の筆頭は、「クレオソート油」です。

クレオソート油は、木材の防腐剤や防虫剤で使われたり、カーボンブラックの原料になったりします。

これらの用途から「有毒」と憶えるとよいでしょう。

クレオソート油は発がん性が強く、また、経口投与すると死に到ることもあるほど、有毒です。

クレオソート油は、「コールタール」からできます。いちど、「コールタール」で画像検索すると、ああ、こいつは有毒っぽいな、という実感をもてるでしょう。

参考:グーグル画像検索:コールタール

ちなみに、クレオソート油には、「木(もく)クレオソート」と称される別物があり、これは有害ではなく、正露丸の成分の1つです。ウンチク教養として。

また、第3石油類では、ニトロベンゼンの蒸気が有毒ですが、それほど問われないので、無視していいでしょう。(ニトロベンゼンは、有毒以上に、「爆発性はない」とか「淡黄色」とかがよく出ます。)

まとめ

乙4の危険物では、上記の他に「配偶者油(黄緑色で粘着性の油状液体)」なども実に有害ですが、試験には出ないので、憶える必要はありませんが、憶えておくとよいでしょう。

なお、勉強方法等は、「乙種4類の独学」を…、

独学向け教材については、「乙4のテキスト・問題集」をば、お目汚しください。

また、危険物取扱者について、適当かつ曖昧なことを、たとえば、「乙4合格後に取る資格」などを、ブログにまとめています。「危険物取扱者:ブログ記事」をばお目汚しください。

みんなとシェアする