独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

候補問題8の独学ノート【画像あり】‐第2種電気工事士・技能試験(平成29年度‐2017年度)の攻略、手順、注意事項

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題8は、穏当に合格できる。まず、固有部分のリモコンリレーに習熟する。おおむね端子台で代用されるはず。ほかは、アウトレットボックスへの施工及び接続に慣れておく。180度曲げはここでも有効。VVR2.0は、何気に欠陥を取られやすいので、丁寧に練習しておく。

平成29年度(2017年度)の、第2種電気工事士の技能試験の「候補問題8」の独学者向けポイントを見ていきます。

問題攻略の前に、「電源線で準備運動‐こころとゆびを慣らす」に、ざっくり目を通してください。

8の難易度は「ふつう」

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題8

結論から言うと、候補問題8は、あまり難しくありません。

本問に当たると、「ラッキー」とは行きませんが、「しめしめ、強敵ではないですぞ、西住殿」と秋山風に再現してみてください。

まず、本問は、左側の方にくちゃくちゃと図記号が固まっているので、一見難しそうですが、試験には影響ありません。

というのも、当該リモコンリレーは、端子台で代用されるからで、作業そのものは、難しくありません。

次に、アウトレットボックスですが、これも、単に「間違わないで組むだけ」なので、他の候補問題を消化していれば、間違うことはないでしょう。

ただ、本問は、アウトレットボックスに、ケーブルを都合7本、突っ込むことになるので、「180度曲げ」は必須です。

あとは、リングスリーブで「中」を使うのと、「VVR 2.0-2c」の施工があるくらいが、留意点です。

リモコンリレー対策

リモコンリレーは、本試験では、おおむね、端子台で代用されます。

ですから、「端子台」の作業の練習をしておけば、それで事が済みます。

ここだけを、使用済みケーブルで、最低3回は、組んでおくとよいでしょう。

なお、リモコンリレーの理屈は、念のため、テキストで確認しておいてください。万が一、試験問題を変えられると、暗記では対応できないからです。

“端子台の背景には、このような理屈があるのだなーふーんー”程度でいいので、担保として、見ておきましょう。

手間取るアウトレットボックスは180度曲げ

本問の特徴は、リモコンリレー代用の端子台からのケーブル・3本を、ボックスの「1つの穴」に入れるところです。

文字だけならなんてことはないですが、実際にやると、かなりキツキツで、硬いケーブルが互いに干渉して、接続にかなり手間取ります。

ですから、恒例の必殺技「180度曲げ」をやってみてください。

上記ひどい図のように、ケーブルを入れたら、“くっ”と180度曲げて、へんな言い方ですが、元に戻すみたいに、曲げてしまいます。

こうすると、電線を格段に把握しやすくなるので、接続間違いが、劇的に少なくなるはずです。

ところで、リモコンリレーからの3本のケーブルですが、狭い1つの穴に突っ込むことになるので、雑にやるとゴムブッシングが取れたりします。

ゴムブッシングが取れていると、「軽欠陥」になるので、注意しましょう。イライラするのはわかりますが、丁寧に施工します。

接続は、指差し確認

本問の特徴は、先述したように、ボックス内で、「7本」ものケーブルを接続するところです。

かなりの量となるので、落ち着いて、1つ1つ、確実に接続します。

何回も言いますが、あわてて接続を間違えると、修正には2~3分もの時間がかかります。

40分しかない本試験では、2~3分のロスは致命的なものとなります。

「ミスゼロ」の1回で終わらせられるよう、「指差し確認」しながら、接続してください。

ちょっぴり注意3点

本問で、強いて難儀と言えるのは、「VVR 2.0-2c」ケーブルです。

VVRケーブルは、外装をはぐのに、結構神経を使います。

中にある電線の絶縁皮膜に大きな傷がつくと、重大欠陥を取られて即落ちです。

テキストでは電工ナイフを使っていますが、わたしは、ストリッパでギリギリっと裂け目を入れて、後はペンチで外装を引っ張っていました。

こうすると、中の絶縁皮膜に傷がつきようがありません。

要は、絶縁皮膜に傷がなければいいので、各自、自分がうまくいくようにやってみてください。

次に「リングスリーブ」です。

本問では、あまり顔を見せない「中」が登場します。

つい、いつもの調子で、「小」や「極小」で接続しないようにしましょう。

他のページでも言っていますが、電線を接続するときは、必ず、リングスリーブの大きさと刻印(圧着マーク)を「指差し確認」して、さらに「もう一度、指差し確認」をして、がちゃんと接続します。

リングスリーブを間違うと、修正がクソ面倒。3~5分かかる。』です。

最後に「端子台のねじ」です。

最後の最後に、端子台のねじを増し締めしてください。

というのも、見直し時に、端子台をいじる可能性があるからです。つまり、ねじを緩めて、ずれた接続を再接続したはいいが、そのまま忘れてしまった、という危険がある、ってな次第です。

本試験ではかなり緊張しているので、ねじを緩めたことを忘れる、と仮定してください。

ねじがきちんと締まっていないと「重大欠陥」で即落ちです。

ですから、念のため、最後の最後で、締まっているとは思うけれども、ねじを増し締めする、といった寸法です。

ここまで意を払えれば、まず、合格です。

なお、念のため、本試験での注意を述べたいのですが、長くなるので「問題文は命取り‐絶対的注意事項」に述べています。併せて、お目汚しください。

最後に、技能試験の教材については「第2種電気工事士・技能試験のテキスト・教材・工具」に述べているのですが、文系ド素人にとって、あると便利なものを紹介しています。

たとえば…、

ホーザン 合格クリップ」や、

ホーザン 合格ゲージ P-925」や、

ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」です。

絶対に必要かというとそうではありませんが、「手助け」にはなるので、万全を尽くしたい方は参考にしてみてください。

みんなとシェアする