独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

候補問題2の独学ノート【画像あり】‐第2種電気工事士・技能試験(平成29年度‐2017年度)の攻略、手順、注意事項

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題2は、特記の確認表示灯(パイロットランプ)は常時点灯とするところが、やや「難」だが、全体的にやさしいラッキー問題である。本問の練習の仕方や、攻略、要領、手順を説述する。独学者向け。

平成29年度(2017年度)の、第2種電気工事士の技能試験の「候補問題2」の独学者向けポイントを見ていきます。

問題攻略の前に、「電源線で準備運動‐こころとゆびを慣らす」に、ざっくり目を通してください。

2は条件付ラッキー問題‐難易度は「ふつう」

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題2

候補問題2は、上の画像を見てもらえばわかるように、「確認表示灯」と「ダブルコンセント」が固有部分です。

しかし、ちゃんとを練習をして、対策を練った受験生なら、穏当に合格できるラッキー問題です。

当該問題に当たったら、“ラッキー、うひひ”と、にんまりしてもいいでしょう。怖いのは、ケアレスミスのみ、といった寸法です。

唯一、難しいところは、「(特記)確認表示灯(パイロットランプ)は,常時点灯とする。」ところですが、後述するように、気に病むものではありません。

確認表示灯(パイロットランプ)は暗記

試験対策としては、当該確認表示灯(パイロットランプ)の部分は、結線の仕方を『丸暗記』してしまいます。

考えたら、できるかと思いますが、それでも、「丸暗記」します。

というのも、本試験は「40分」しかなく、いちいち「考えていられない」のです。

ぶっちゃけ、複線図の前にして、「考える」時間など、ほとんどありません。

ウンウン考えるのは、未熟の証拠くらいに考えて、スピードアップに勤めなくてはいけません。

ゆえに、本問の試験対策としては『丸暗記』一本となる、ってな塩梅です。

当該常時点灯式のスイッチ部分は、5回組めば身体が憶えます。憶えられなかったら、憶えるまでやるだけです。

暗記注意

先に、試験対策としては、「暗記」だと述べました。

しかし、「常時点灯の理屈」だけは、必ず、理解しておいてください。

万が一、試験問題を変えられたときの「担保」です。

組むことだけ憶えていると、施工条件を変えられたときに、往生します。ほぼ落ちるでしょう。

んなもんで、「試験では丸暗記だか、仕組みや理屈は理解しておく」ようにしてください。

固有部分のダブルコンセントは極性のみ

本問の固有部分は、「ダブルコンセント」で、コンセントの図記号に2がついたところです。

固有部分ですが、決して難しくはなく、注意すべきは「極性」のみです。

ケアレスミスを防ぐためにも、念のため、ド素人文系の最強技『指差し確認』をして、「極性、よしっ!」てな感じで、作業をすることを勧めます。

本試験では、“なにをやらかすかわからない”ので、常日頃から、重大欠陥部分は、注意を払っておきましょう。

なお、当該部分は、1個の完成品の「ダブルコンセント」の場合と、「連用枠+コンセント×2」の、2つのケースが考えられます。

前者のダブルコンセント1個は、つなぐだけなので、「わたり線」が不要で、楽でいいです。

対して後者の「連用枠+コンセント×2」だと、「わたり線」が必要となるため、手間がかかります。

とはいえ、作業は普通のコンセント作業なので、候補問題の全13問を2回ほど解いていれば、全く問題ないかと思います。

ま、念のため、つまり、試験で施工条件が変わっても“動揺しないため”にも、両ケースで練習しておくのが無難です。

リングスリーブ

リングスリーブは、おおむね、「小」と「中」を使うはずです。

電線を接続するときは、必ず、リングスリーブの大きさを「指差し確認」して、さらに、刻印(圧着マーク)が正しいかどうかを「指差し確認」し…、

ほいで、もう一度だけ、リングスリーブの大きさと刻印(圧着マーク)を「指差し確認」して、「よしっ!」となったら、ガチャンと接続します。

というのも、『リングスリーブを間違うと、その修正がクソ面倒だから』です。

間違った接続部分を切り取り、ケーブルの外装を剥いで、電線の被膜を取るという“時間ロス”の権化です。

おおむね3分は、下手をすると5分は時間を取られます。

本試験は『40分』ですので、当該ミスが、いかに危ないか、お分かりかと思います。

指差し確認の時間は、間違ったことを考えれば、『絶対に、あり』です。

その他の部分

上記のほかは、他の候補問題で、散々練習するので、問題ないかと思います。

ただ、「施工省略」のところは、ちょっとだけ注意しておきます。

テキストの指示通りの「施工省略」作業を徹底してください。

てきとーにやっていると、本試験の最中に(アレ、施工省略ってどうしてたっけ?!)と、軽くパニックに陥ります。

なお、念のため、本試験での注意を述べたいのですが、長くなるので「問題文は命取り‐絶対的注意事項」に述べています。併せて、お目汚しください。

最後に、技能試験の教材については「第2種電気工事士・技能試験のテキスト・教材・工具」に述べているのですが、文系ド素人にとって、あると便利なものを紹介しています。

たとえば…、

ホーザン 合格クリップ」や、

ホーザン 合格ゲージ P-925」や、

ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」です。

絶対に必要かというとそうではありませんが、「手助け」にはなるので、万全を尽くしたい方は参考にしてみてください。

みんなとシェアする