独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

候補問題12の独学ノート【画像あり】‐第2種電気工事士・技能試験(平成29年度‐2017年度)の攻略、手順、注意事項

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題12は、「PF管(合成樹脂性可とう電線管)」の施工が難。重大欠陥が2、軽欠陥が1あるので、気を抜けない。また、文系ド素人だと、ウォーターポンププライヤの取り扱いに不慣れなので、ミスしやすい。要練習。そのほか、独自の色付きIV線を利用するが、注意さえすれば問題ではない。

平成29年度(2017年度)の、第2種電気工事士の技能試験の「候補問題12」の独学者向けポイントを見ていきます。

問題攻略の前に、「電源線で準備運動‐こころとゆびを慣らす」に、ざっくり目を通してください。

12は「難」

平成29年度(2017年度)の2電工・技能試験の候補問題12

候補問題12は、候補問題の中でも、「」となっており、心してかかる必要があります。

本問で厄介なのは、言うまでもなく、固有部分の「PF管(合成樹脂性可とう電線管)」の施工です。

当該PF管は、重大欠陥が「2つ」、軽欠陥は「1つ」取られるところなので、慎重に作業する必要があります。

また、本工程では、「ウォーターポンププライヤ」を多用するのですが、職人や技術系の人なら問題ないのですが、文系ド素人だと、当該道具の取扱いに、鉄工所並みに手を焼くことになります。

また、本問では、IV線を単独で使うため、普段と勝手が違います。施工に慣れておく必要があります。

まあ、PF管は、第11問のねじなし管(E 19)に比べたら、遥かに「作業数が少ない」ので、本問に当たったら、胸を撫で下ろしてもいいでしょう。

逆に言うと、本問は、PF管という難敵はいますが、それ以外は、“どうとでもなる”ものばかりなので、練習さえしておけば、合格一直線です。

PF管攻略‐欠陥ポイント

PF管の欠陥は、先に述べたように、重大2で軽1です。

1つ目の重大欠陥は、「ボックスコネクタの付け忘れ」です。

2つ目は、「ロックナットの付け忘れ」です。

本試験という緊張する“時空”では、思いもよらないミスを犯します。

当該「ボックスコネクタ・ロックナットの付け忘れ」も、ふだんの練習ならやらないのですが、選りによって、本試験でやらかしてしまうのです。

練習のときには、PF管を手にしたら、丸っこいボックスコネクタを凝視して、「ここは重大欠陥・即落ち」と、“やばさ”を、頭に刻み付けてください。

そして、次の文言を憶えてください。

本試験では、部品が余ることがない」と。

ケーブルや予備部品とかはアレですが、主たる部品は、決して余りません。

組み上げた後、机の上に何かしらの部品が残っていたら、『ダメ』といった次第です。

次に、軽欠陥は、「ロックナットの向きの間違い」です。

PF管の場合、「つばのある側」をボックスの方に向けて、取り付けなくてはいけません。

練習のときから、つばの有る無しを意識して、練習してください。

まあ、軽欠陥ですので、超絶神経質になる必要はありませんが、ここでミスしなければ、他でミスできるので、「ミスをしない」に越したことはありません。

PF管攻略‐ウォーターポンププライヤ

以下は、文系ド素人向けの内容です。

「ウォーターポンププライヤ」なんてよー、お手の物だて、という名古屋弁の人は、無視してもらって結構です。

文系ド素人の人は、ウォーターポンププライヤによる締めに慣れていないので、きっちり練習しておかねばなりません。

1度2度の練習ではダメです。最低3回・推奨5回は、練習してください。

まず、「ロックナット」からですが…、

単にロックナットを手でくるくる回しただけでは、きちんと締められていません。

①ロックナットを、②ウォーターポンププライヤで押さえて、③ボックスコネクタを手で回す、という作業を経なくてはなりません。

締め付け不良だと、最悪「重大欠陥」ですので、ゆめ、疎かにしてはなりません。

以下、文系ド素人へのアドバイスです。

1:馬鹿みたいに力を入れない。

力を入れて作業をするとロックナットの角を「なめて」しまい、ぐちゃぐちゃになり、重大欠陥の「部品損壊」を取られかねません。

そんなに力は要らないので、肩から力を抜いて作業してください。

逆を言うと、「力を入れないとできない場合は、何かが間違っている」と思いましょう。

馬鹿みたいに力を入れると、わたしのように、アウトレットボックスからロックナットが取れなくなります。

2:ウォーターポンププライヤは押さえるだけ

いいですか、ウォーターポンププライヤは、ロックナットを「押さえるだけ」です。

ウォーターポンププライヤで、ロックナットを回すのではありません。

回すのはボックスコネクタの方です。

回す『モノ』を間違えないでください。

ロックナットをプライヤでグイグイ回すと、ナットがバカになって、ボックスから取れなくなります。

上のミスはわたしもやってしまい、取れなくなってホント往生しました。今でも付いてます。

今後の練習にかなりの支障が発生します。テキストの手順を今一度確認してから、作業に臨んでください。

IV線単独

本問の難所は、先の「PF管」ですが、何気に戸惑うのは、「IV線が単独の、電線状態」になっているところです。

候補問題の大半はケーブルなのですが、本問では、物珍しくIV線で施工することになります。

要領的にはほとんど一緒なのですが、本試験で頭に血が上らないよう、こうするんだーと意識して練習してください。

なお、単独の電線トリオは、PF管に通すので、他の箇所に使ってはいけません。

まあ、1~2回練習しておけば大丈夫でしょう。

渡り線事情

支給材料のうち、黒の電線だけ微妙に長い場合、そこから渡り線を取ります。

例年、黒の電線だけが長いのですが、いつ、問題の指定が変わって、赤なり白になるかわかりません。

2電工の技能試験では、試験の開始前に、部品が揃っているかどうか、調べる時間が与えられます。

当該試験開始前の部品チェックのときに、IV線の長さを確かめ、どの色から渡り線を取るのかを、確定させておきましょう。

ほぼ黒のIV線でしょうが、『他の色のIV線から取る』ようになったり、他の問題のように『ケーブルから取る』ことも、十分に考えられるので、そのための措置です。

その他の部分

アウトレットボックスの接続の際は、お馴染みの「180度曲げ」で、凌いでください。

上記ひどい図のように、ケーブルを入れたら180度曲げて、ボックス上空をすっきりさせると、混乱しません。

そのほか、慣れておきたいのは、「管工事のケーブル採寸」です。

本問のPF管のように、『管』のある問題では、当該管部分のケーブルの寸法が、絶妙に異なる場合があります。

各自で、お使いのテキストなり先生の言うことに従って、寸法を取ってください。ちなみにわたしの使ったテキストでは、2~3センチほど、長めに採寸していました。

参考:2電工の技能:教材レビュー

ぶっちゃけいうと、ケーブルの長さは、『極端に短くなければいいだけ(指定の長さの半分以下ならアウト)』で、採点上、気にする必要はあまりありません。

ケーブルの採寸はかなりアバウトであり、指導機関やテキストによって異なり、「作業しやすい長さ」で切る人もいれば、「問題の指示通り」に切る人もいて、厳密に決まっていないのが実情です。

他と自分のが違うからといって、気にする必要はありません。

ちなみに、わたし自身のことを言うと、試験終了直後、周りを見渡したのですが、「自分のだけ」が、異様にケーブルが長かったのを憶えています。

(アレーこんなに長くていいの?!)と焦りましたが、試験の結果は『合格』でした。

先も言ったように、ケーブルの長さは極端に短くなければOKなので、使っているテキストに従って、施工してください。

なお、念のため、本試験での注意を述べたいのですが、長くなるので「問題文は命取り‐絶対的注意事項」に述べています。併せて、お目汚しください。

最後に、技能試験の教材については「第2種電気工事士・技能試験のテキスト・教材・工具」に述べているのですが、文系ド素人にとって、あると便利なものを紹介しています。

たとえば…、

ホーザン 合格クリップ」や、

ホーザン 合格ゲージ P-925」や、

ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」です。

絶対に必要かというとそうではありませんが、「手助け」にはなるので、万全を尽くしたい方は参考にしてみてください。

みんなとシェアする