独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

技能試験は減点方式‐採点基準をまず理解:第2種電気工事士の技能試験の勉強

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

2電工の技能試験の受験生が、最初に読むと有益なページ。第2種電気工事士の技能試験のポイントは、まず、採点基準を理解すること。欠陥1つで不合格となるのが技能試験である。受かるためには、“注意するところ”と“神経を使うところ”を見据える必要がある。

第2種電気工事士の技能試験は、『減点方式』であることを、いの一番に、頭に入れてください。

欠陥が1つでもあると、不合格です。

候補問題がそこそこ組めていたら合格なのではありません。

美しく回路を作ったら合格なのでもありません。

見た目がひどい出来上がりでも、欠陥がないなら、合格です。

素人丸出しのあたふた回路でも、欠陥がないなら、合格なのです。

反対に、どれほど上手く・プロ風にできていても、欠陥が1つあれば、そこで落ちます。

ここを取り違えてはいけません。

全工程の99%ができていても、「欠陥1つ」でダメなのです。

技能の合格率は70%台。高合格率であります。

しかし、「1個の間違えで不合格」になる採点基準のために、全く油断のできない厳しい試験となっています。

2電工の技能試験は、7割合格とはいえ、わたしには、神経を使いに使った、しんどい試験でした。

欠陥を、まず知るべし

技能試験の試験勉強を始めたら、まず、テキストの最初の方にある「欠陥」の章を、『3回』は目を通しましょう。

テキストのページには、「未完成」「回路間違い」「器具配置違い」「使用電線違い」「電線の心線・被覆の著しい損傷」「電線の色違い」「寸法違い」「連用枠の取り付け違い」「極性違い」「結線間違い」「ねじの締め忘れ」「被覆の噛み」「被覆の剥き過ぎ」「心線のはみ出し・抜け落ち」「接続間違い」「コネクタの施工不良」などなど、欠陥についての、指摘と説明とがあるはずです。

このページに、「合格」の情報が詰まっています。

技能試験とは、これら「欠陥」をしないこと、だけです。

「間違いを犯さない」だけ

繰り返しますが、「欠陥を犯さない」ことが、技能合格の最大のポイントです。

最初のうちは、候補問題の回路を組むことに集中しているため、「どこが肝心かなめのところか」を見落としています。

そのため、回路を最後まで組めただけで、そこそこ満足しがちです。

しかし、一口で言うと、『それではダメ』です。

わたしたちが神経の大半を割かねばならないのは、「欠陥の有無」です。

各候補問題に設定されている「欠陥ポイント」をパスしてこそ、“実のある”試験勉強であり、「作れたからよし」では、まるでダメなのです。

回路がそこそこ組めたことに満足してはいけませんし、やった感に浸ってもいけません。

「欠陥の有無」を確かめ、それが「ゼロ」で始めて満足していいのです。

まとめ

2電工の技能試験は、「減点方式」です。

欠陥1つあれば、不合格です。

受験生が注意すべきは、「欠陥」の有無です。ここが『合否の判定ポイント』です。

日々の練習では、候補問題ごとに設定されている「欠陥ポイント」を確実にクリアしていきます。

回路の出来不出来以上に、「欠陥」を犯していないかどうかを、“答え合わせ”してください。

なお、回路の仕上がりなんてものは、全候補問題を1~2周繰り返せば、劇的に上達するので、最初は気にする必要はありません。最初は皆へたくそです。

そして、最後に、欠陥を極端に恐れる必要はありません。

先述したように、技能試験の合格率は70%ですから、7割の人は“欠陥”を防げている塩梅で、7割が防げるなら、あなたもまず防げます。

何回も練習して、はやる心を抑え、慎重に作業に臨めば、欠陥を犯しません。

ホント、技能のポイントは、「欠陥をしないだけ」です。

逆に言うなら、「欠陥」以外のことは、てきとーにやってもよい、という塩梅です。

全部が全部の作業に神経を張り詰めると、逆に、ケアレスミスを犯しかねません。

独学では、先生や講師がいないので、1つ1つのミスが気になるかもしれません。

しかし、細かいミスは、それが欠陥に該当しないなら、笑って済ませばいいのです。

最後に、技能試験の教材については「第2種電気工事士・技能試験のテキスト・教材・工具」に述べているのですが、文系ド素人にとって、あると便利なものを紹介しています。

たとえば…、

ホーザン 合格クリップ」や、

ホーザン 合格ゲージ P-925」や、

ホーザン 合格配線チェッカー Z-22」です。

絶対に必要かというとそうではありませんが、「手助け」にはなるので、万全を尽くしたい方は参考にしてみてください。

みんなとシェアする