独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

測定器(カンタン系)の写真判別の憶え方‐クランプ型電流計・照度計・周波数計・回転計:第2種電気工事士の筆記

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の「測定器」は頻出論点でありながら、問題の難易度は低いので、受験生にとっては“おいしい”ところです。本ページでは、測定器のうち、クランプ型電流計・照度計・周波数計・回転計の憶え方を述べていきます。

結論から言うと、クランプ型電流計・照度計・周波数計・回転計は、『カンタン系』の測定器に分類できます。

というのも、それぞれに特徴があって、とても憶えやすいからです。

カニのクランプ型電流計

クランプ型電流計は、その姿形が一目でわかる独特のものなで簡単です。

カニのはさみのような形をしたもの、くらいにクランプ型電流計を捉えておけば、写真判別では区別が付くでしょう。

極端な注意点を言うと、名称に注意です。

クランプ型“電流”計です。

クランプ型電圧計や、クランプ型電気計ではないので、憶え間違いをしないようにしましょう。

資格取得後に恥をかかないためです。

ちなみに、当該クランプ型電流計は、写真鑑別以上に、その用途が問われます。

ご存知かと思いますが、クランプ型電流計には2つの用途が頻出で…、

①負荷電流の測定

②漏れ電流の測定

…上記2用途が筆記ではよく出ます。写真の姿形を憶えるとともに、上記2用途まで頭に入れておきましょう。

なお、負荷電流の測定は、中性線以外の配線をクランプし…、

漏れ電流の測定は、電源線をすべてクランプします。

また、低圧電路の漏れ電流は「1mA」に保ちます。

これらの規定もよく筆記で目にするので、必ず憶えましょう。

ルクスの照度計

明るさを測る計測器です。

ですから、明るさの単位の「ルクス(LUXかLX)」が表記されています。

明るさの単位がルクスであることを知らない人は、まあ、そういないと思われるので、当該照度計の写真判別はカンタンです。

ルクスって何?というような若い方は、ホームセンターの電球・蛍光灯売り場で3時間ほど過ごせばよいでしょう。

ちなみに、夫の仕事は、電球や蛍光灯の交換です。

将来的に、妻に舐めらないためにも、たとえば、(チッ、アンタ、電球の交換もできないの?)的な発言と、自身の父や兄・弟と比較する目つきをされたくないなら、今のうちに、日常生活の常識を押さえておきましょう。

ヘルツの周波数計

周波数計もカンタンです。

周波数計は、その名の通り、周波数を測定する計器なので、周波数を現わす「ヘルツ(Hz)」が表記されています。

ですから、写真鑑別の出題に遭遇したら、「Hz」のアルファベットを探せばよい、と相なります。

RPMの回転計

回転計もカンタンです。

回転計はその名の通り、回転機器の回転速度を計測する計器なわけですが、毎分の回転数を表す「rpm」の表記が為されています。

当該rpmは、車やバイクのタコメーターでお馴染みかと思います。

車やバイクを乗ったことのない人は、2電工の受験生ではそういないと思うので、回転計の区別もすぐに付くかと思います。

万が一、タコメーターを見たことのない方は、たとえば、高校生の方などは、駐輪場に止めてある中型~大型バイクで、タコメーターの表記を確かめてみてください。

なお、原付や小型バイク、自転車にはタコメーターはありません。

まとめ

こんな次第で、カンタン系の計測器-クランプ型電流計・照度計・周波数計・回転計の憶え方を見てきました。

写真鑑別では、簡単に判別できるためか、超頻出ではありませんが、出たら100%点数にできるものばかりです。

取りこぼすことのない状態になっておきましょう。

以上、カンタン系の計測器の憶え方でした。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする