独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

分岐回路の数字の憶え方‐イチローが一路とか:第2種電気工事士の筆記

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験では、「分岐回路」「過電流遮断器の定格電流」「コンセントの定格電流」「電線の太さ」が超頻出です。数字だけ頭に入れたら点数になるので、ぜひとも以下に述べる憶え方で消化してみてください。

電灯やコンセントの分岐回路の設計は、筆記の超頻出事項です。

しかし、表を丸ごと覚えないといけないという、なかなかの難物論点、憶えるのに手間がかかります。

うまい語呂合わせもないので、上の画像のようなテキストの表を何度も見て、数字を憶えていく必要があります。

ポイントは、「ざっくり全部憶える」です。

細かいところは後回しです。本試験のその日に解ければいいくらいに考えて、先にざっくり憶え、細かいところ(以下とか)はすこしずづ仕上げます。

でないと、すぐに嫌気が差します。みんなが嫌だから出題者も狙ってくるのでしょう。

さて、左記の表は全部憶えます。ほぼ満遍なく狙われています。

てきとーなヒントは以下です。

分岐回路の種類は「テンポ」

まず、分岐回路の種類は、“テンポよく声に出す”ことで憶えます。

分岐回路には、「15A」「B20A」「20A」「30A」「40A」「50A」の回路がありますが、これらを順番どおりに…、

じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅってな感じで、テンポよく唱えて、頭に放り込みます。

じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅが頭に入ると、「過電流遮断器の定格電流」と「コンセントの定格電流」の数字が頭に修められたことになります。

過電流遮断器の定格電流の憶え方

先の「じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅ」をカッチリ頭に入れて、細かなところを仕上げます。

細かいところは…、

B20Aの回路では、「配線用遮断器に限る20A以下」という規定があり…、

20A回路では、「20Aのヒューズに限る」と規定されているところです。

しっかり「区別」しておきます。

コンセントの定格電流

先の「じゅうご・にじゅにじゅ・さんじゅ・よんじゅ・ごじゅ」がベースなので、テンポよく数字を頭に入れて、細かなところを仕上げます。

難所は、30A・40A・50Aの分岐回路のコンセントの定格電流ですが、憶え方は簡単です。

15Aとかは、「じゅうご・にじゅにじゅ」と同じ数字なので、記憶の問題はありません。

問題なのは、30A以降の分岐回路です。

おそらく、多くのテキストの表記は、30Aの回路は「20~30A」、40Aの回路は「30~40A」、50Aの回路は「40~50A」となっているはずです。

まず、数字をひっくり返します。

30Aの回路は「30~20A」、40Aの回路は「40~30A」、50Aの回路は「50~40A」と相なります。

…もうお分かりですね。

30A以降の回路は、それぞれ「10A」小さくなってもいい的な感じで頭に入れる、という次第です。

これで、コンセントの定格電流は頭に残るかと思います。

注意点が1つあって、ここには、「引っかけ」があるので、要注意です。

コンセントの定格電流は、「15A」の分岐回路のコンセントは「15A以下」、「B20A」の分岐回路のコンセントは「20A以下」、「20A」の分岐回路のコンセントは「20A」となっています。

とりわけ注意しないといけないのは、「以下」部分の表示です。

「20A以下」なら、以下なので、15Aのコンセントでもいいわけです。

対して、「20A」なら、20Aのコンセントでなくてはならず、15Aのコンセントではダメ、という手合いです。

過去問で本当によく出る「引っかけ」なので、注意してください。わたしは引っかかりましたよ。

電線の太さの最小値

長くなりましたが、あと少しです。

電線の太さですが、これには語呂があります。

イチローが一路、兄さんと二路。8月14日に墓参り

「15A」「B20A」「20A」「30A」「40A」「50A」のそれぞれの回路の電線の太さは…、

それぞれ、直径1.6mm-直径1.6mm-直径2.0mm-直径2.6mm-断面積8m㎡-断面積14m㎡となっています。

…もうお分かりですね。

イチロー一路」は、「直径1.6mm-直径1.6mm」で…、

兄さん二路」は、「直径2.0mm-直径2.6mm」です。

「8月14日」のところは、“こじつけ”です。いい憶え方が出てきませんでした。

なお、「15A」「B20A」「20A」は「直径」で、「40A」「50A」は「断面積」となっているので注意が必要です。

「50A」回路の電線の太さは、「14㎜」などと出されかねないので、引っかからないように。

まあ、こんな感じでざっくりと数字を押さえて、過去問を解いてみてください。

過去問には、クセのある問題があるので、問題演習は不可欠です。

何度か問けば、大方の選択肢を選別できて、正解の一歩手前まで迫れるはずです。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする