独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

電気工事士でなくてもできる軽微な作業の憶え方のコツ2-「暗渠は注意」:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気工事士法」の「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」は、最頻出問題です。確実に点を取りたい当該単元には、憶え方にコツがあります。本ページでは、「暗渠は注意」をキーにその要領を述べていきます。

電気工事士でなくてもできる軽微な作業の憶え方のコツ1-「テキストに詳しい説明があったか~?」」でも述べましたが、当該「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」の最大のコツは、「こんなの、テキストに載ってたか~?」です。

かいつまんでいうと、テキストにて詳細な説明がなかった作業は、それが電気工事士でなくてもできてしまうから、“第2種電気工事士のテキスト”では、説明が省かれているのです。

この理屈を利用すれば、だいたいの選択肢は判別できます。

しかし、ここに例外があり、しかも、特に間違えやすいので、個別的に述べておきます。

当該要注意規定は、「地中電線用の暗渠または管を設置し、または、変更する工事」です。

地中埋設工事があるから混同する

結論から言うと、先の「地中電線用の暗渠または管を設置し、または、変更する工事」は軽微作業である、と丸暗記してください。

というのも、テキストの「電気工事」の章にて、「地中埋設工事」というものがあるからです。

本試験の選択肢で、「地中電線用の暗渠または管を設置し、または、変更する工事は、電気工事士でなくてはできない」なんて文言に、遭遇したとしましょう。

この場合に、最大のコツである「こんなの、テキストに載ってたか~?」を使ってしまうと…、

(あれー、何か、埋める工事があったよなー)とか…、

(道路みたいな重量のかかるところは、1.2メートル以上に埋設で、庭的なところは、0.6メートル以上の深さだったよなー)…、

…と、こんな風に考えてしまい、「○」と判別しかねません。

しかし、「地中電線用の暗渠または管を設置し、または、変更する工事」は、軽微な作業です。

当該規定だけは、「こんなの、テキストに載ってたか~?」が使えませんので、先述したように、丸暗記をしてください。

電車の中等々の通勤時に100回唱えれば頭に入ります。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする