独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

電気工事士でなくてもできる軽微な作業の憶え方のコツ1-「テキストに詳しい説明があったか~?」:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気工事士法」の「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」は、最頻出問題です。確実に点を取りたい当該単元には、憶え方にコツがあります。本ページでは、「テキストに詳しい説明があったか~?」をキーにその要領を述べていきます。

「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」は、電気工事士の独占業務を問う際に、1~2つの選択肢として採用される傾向があります。

本論点の攻略方法は、「テキストに詳しい説明あったか~?」です。

テキストにて、詳細な説明がなかったものは、得てして、「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」となっています。

素人にできることを、“第2種電気工事士のテキスト”がわざわざページを割くいわれがありません。

素人でもできるから、“第2種電気工事士のテキスト”には、深い説明がなかった、という次第です。

たとえば、「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」で頻出の「電柱や腕木その他これらに類する工作物を設置し、又は変更する作業」です。

もし、当該作業が、電気工事士の独占業務であるなら、テキストにて、それらの作業に使うトンカチや釘、ねじ、はしご等々の道具の説明から始まり、その次は当該作業手順について、たとえば、電柱のどこに何を設置したらいいのかとか、腕木の固定方法やらが載っていてしかるべきなのです。

なぜなら、電気工事士の独占業務である以上、“第2種電気工事士のテキスト”は掲載する義務があるからです。

しかし、実際には、電柱の登り方云々はテキストに記されていないわけで、「テキストに載っていない」から、それらの作業は、「電気工事士の独占業務ではない=素人可の作業」と相なる次第です。

次の例です。

グダグダと書かれているアレ1

「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」には、ぶっちゃけ、いろいろありますが、先の「こんなの、テキストに載ってたか?」を基準に考えると、だいたい合います。

長いアレを引用しますが…、

「電圧600V以下で使用する差込接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼット、その他の接続器、または、電圧600V以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチその他の開閉器にコード又はキャブタイヤケーブルを接続する作業」

…という文言がテキストにはあるかと思います。

難しい漢字が多く、また、専門的な器具部品名が出ているので、思わず、電気工事士でないとできないんでないの?的な感想を持つかもしれません。

しかし、先の「こんなの、テキストに載ってたか~?」で、考え直してみてください。

ナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチ云々への接続の仕方が、絵入り、写真入りで説明されてましたか?

ないはず、です。

当該作業が、電気工事士の独占業務であれば、テキストにて、たとえば、ここに差し込みますとか、ここに入れます云々、詳細な説明があって然るべきです。

それが「ない」ということは、電気工事士の独占業務ではない、「軽微作業」だからです。

グダグダと書かれているアレ2

また引用しますが、面倒な人は読まなくていいです。

「電圧600V以下で使用する電力量計若しくは電圧制限機またはヒューズを取り付け、または、取り外す工事」

…という文言がテキストにはあるかと思います。

電力量計云々と、電気っぽい語句があるので、これは独占業務かなと思いがちですが、先の「こんなの、テキストに載ってたか~?」を思い出してください。

テキストを思い返してみてください。

テキストに、電力量計や電流制限機等々を、取り付けたり外したりする作業が、事細かく述べられていたでしょうか?

ないはず、です。ないのだから、軽微作業です。

なお、先の引用には、法律用語の「若しくは(もしくは)」と「又は(または)」がありますが、意味がいまいちわからない人は、「法律用語のコツ:「または」と「もしくは」」で確認しておいてください。

まとめ

こんな風に、「電気工事士でなくてもできる軽微な作業」は、「こんなの、テキストに載ってたか~?」を判断基準にすると楽です。

ひっかけ問題でいくらでも出せそうなところです。

わたしの乏しい電気知識を総動員して、てきとーな選択肢に考えると…、

コンバーター回路にコンデンサを取り付ける…、

三相交流電源装置のスイッチの開閉する…、

リチウムイオン蓄電池にキャブタイヤケーブル(公称断面積100ミリメートル以下)を差し込む…、

…などなど、難しい語句・用語をふんだんに使った選択肢を作るだけで、多くの受験生を罠に引っかけることができそうです。

ま、こんな次第で、「こんなの、テキストに載ってたか~?」で、かなり判別が付きます。

しかし、です。

例外があるので、当該コツを利用する際は、「電気工事士でなくてもできる軽微な作業の憶え方のコツ2-「暗渠は注意」」を必ず参照した上でご活用ください。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする