独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

電気工事士でなければできない作業の憶え方のコツ1-「技能試験で勉強」:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気工事士法」の「電気工事士でなければできない作業」は、最頻出問題です。確実に点を取りたい当該単元には、憶え方にコツがあります。本ページでは、「技能試験で勉強」をキーにその要領を述べていきます。

電気工事士でなければできない作業(独占業務)は、最頻出事項です。

しかし、たくさん項目があって、長ったらしい文章が続くので、苦手な人が多いかと思います。

憶え方のコツは3つあって…、

①技能試験の教材で勉強する。

②造営物。

③テキストを思い出せ。

…となっています。

本ページでは、「①」の「技能試験の教材で勉強する。」を説述します。

技能試験の教材で勉強する

噛んで含めて言います。

技能試験は、言うまでもなく、「第2種電気工事士」の試験です。

ですから、「第2種電気工事士」に大いに関係すること・重要なことが、本試験で問われます。

反対に言うと、「第2種電気工事士」に無関係なことは、問われないということです。

…見えてきたでしょうか?

答えを言うと、『技能試験で問われる諸作業は、電気工事士でなければできない作業であることが多い』という次第です。

反対に言うと、『技能試験のテキストにて、詳細な説明のなかったことは、ド素人可の作業であることが多い』という塩梅です。

ド素人ができることを、なぜ試験で問わないといけないのか?、テキストでわざわざ説明をしないといけないのか?という塩梅です。

たとえば、本単元で頻出の「電線相互を接続する作業」です。

いま手元に、技能試験のテキストがある方は早速開いてみてください。ない人は、どのみち買うことになるのですから、これを機に注文しましょう。

参考:技能試験の教材

電線を接続するには、リングスリーブや差込コネクタを用いるのですが、テキストには、そのやり方が写真入りで説明されています。

電線の接続が、第2種電気工事士にとっては、とても重要な作業だからこそ、つまり、電気工事士にしかできない独占業務だから、絵入り写真入りで、テキストに掲載されているのです。

採点基準からしても、そうです。

電線の接続は、「重大欠陥」を取られるところです。「電線の接続が、第2種電気工事士にとって重要な作業=逆に言えば、素人ではできない作業」であるから、重要な採点ポイントになっている、という塩梅です。

電線を収める作業

次の、わかりやすい例を挙げます。

「電線管、線ぴ、ダクトなどに電線を収める作業」も、典型的な「電気工事士でなければできない作業」です。

さて、技能試験のテキストで調べてみましょう。

技能試験では、例年「IV 1.6(E19)」という記号の付された候補問題があるはずです。

「E」とは、ねじなし電線管のことで、IV1.6とは、1.6ミリのIV線のことです。

技能試験では、当該ねじなし電線管に、IV線を入れる作業が問われます。

電線管の中に電線を収めるのは、「電気工事士しかできない=素人はやってはいけない」からこそ、技能試験にて問われている、という次第です。

当該作業も、「重大欠陥」を取られるところです。

配線器具に電線を接続する作業

配線器具とは、スイッチやコンセントのことです。

ちょっと長いですが引用します。

配線器具を造営物その他の物件に取り付け(取り外し)、又はこれに電線を接続する作業」という文言が、テキストにはあるかと思われます。

さて、下線を引いている作業は、技能試験のテキストや教材を見てもらえば即解しますが、技能試験の試験勉強で腐るほどやる作業です。ほとんど毎回です。

繰り返しますが、電気工事士にしかできない作業だからこそ、技能試験で嫌になるほど問われている、という塩梅です。

言うまでもなく、コンセントも、「重大欠陥」を取られるところで、接地極への結線を間違うと「重大欠陥」で即不合格です。

試験の採点基準からも、「配線器具に電線を接続する作業」が、電気工事士にとって重要な作業=素人にはできない作業であることがわかるかと存じます。

メタルラス壁

これは、ちょっと悪い例ですが、技能試験では、「メタルラス壁貫通部分に防護管を取り付ける」作業が、例年出ています。

これは、「金属管の電線管、線ぴ、ダクトなどを、建造物のメタルラス張り、ワイヤラス張り、または、金属板張りの部分に取り付ける(取り外す)作業」を受けての、出題だと考えられます。

電線管とボックス

「電線管とボックスなどを接続する」のも、技能試験で問われます。

該当箇所を引用しますと…、

…『電線管の曲げ、ねじ切り、電線管相互または電線管とボックスなどを接続する作業』です。

技能試験では、「アウトレットボックス」に、ねじなし電線管を接続する問題と、PF管を接続する問題が、それぞれ1問出ます。

繰り返すように、当該作業が、電気工事士の独占業務だからこそ、問われている、という次第です。

まとめ

こんな風に、「電気工事士でなければできない作業」とは、技能試験にてよく問われる作業である、という次第です。

漢字だらけの文章に辟易している方は、「電気工事士でなければできない作業」リストの1つ1つを、技能試験のテキストの諸作業と、照合してみてください。

4~5個くらいは、「ああ、これは技能試験で問われるとこなので、電気工事士オンリーの作業なんだな」的に、憶えることができます。

技能試験でやることを参考にすると、ぐんぐん頭に入っていくはずです。漢字より、画像や写真の方がよほどに頭に残ります。

なお、2電工の勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする