独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気工事士法」の「第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事」は、そこそこの出題があります。漢字だらけでウンザリですが整理すれば憶えやすくなります。ポイントは「自家用」です。

テキストを見ると、クタクタ書いてあるので、即効で嫌気が差すのが、「第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事」の単元です。

しかし、漢字が多いだけで、正直、問題の難易度自体は低いです。

自家用電気工作物はできない

最低限、憶えておくべきことは、「第2種電気工事士は、自家用電気工作物の工事ができない」という1点です。

テキストにはクタクタ書いていますが、当該論点は「ここ」が一番重要です。

次のポイントは、「500kw未満の需要設備」云々は無視する、です。

テキストには、500kw未満の需要設備を除く云々と、コチャコチャと記されていますが、これは、いわば「飾り」です。

「法的に正確な記述」にするためのものなので、受験生である我々は、無視していいです。

当該「500kw未満の需要設備」云々の文言が、第2種電気工事士の筆記試験で突っ込まれることはないでしょう。

で、試験対策ですが、「第2種電気工事士は、自家用電気工作物の工事ができない」を、しっかりと頭に入れておきます。

ネオン工事とか非常用予備発電装置といった文言がありますが、そこにも惑わされないようにします。

このあたりを深く考え始めると、こんがらがって自滅します。ざっくり括弧掛けしてください。

過去問対策‐基本

過去問を解く際は、先の重要文句「第2種電気工事士は、自家用電気工作物の工事ができない」を、そっくり当て嵌めてください。

先に、「ネオン工事とか非常用予備発電装置といった文言がありますが、そこにも惑わされないようにします。」と述べました。

ここを、試験では突っ込んできます。

当該ネオン工事と非常用予備発電装置の工事ですが、これらが「一般用電気工作物」に該当する場合は、第2種電気工事士で工事が可能です。

一般用電気工作物のネオン工事は、第2種電気工事士で“可能”です。

一般用電気工作物の非常用予備発電装置の工事は、第2種電気工事士で“可能”です。

対して、「自家用電気工作物」となると、第2種電気工事士の資格では、できなくなります。

自家用電気工作物の工事は、第2種電気工事士ではできません。

自家用電気工作物のネオン工事は、第2種電気工事士ではできません。

自家用電気工作物の非常用予備発電装置の工事は、第2種電気工事士ではできません。

ネオン工事と非常用予備発電装置の工事云々の記述があって超ややこしいですが、根っこの部分は「第2種電気工事士は、自家用電気工作物の工事ができない」だけです。

「自家用」か「一般用」かで、シンプルに判断しましょう。

これで、選択肢の1~2個は、判別できるはずです。

過去問対策‐ひっかけ

しかし、敵もさるもので、「自家用」のあとに、素人でもできる作業を選択肢中に挿入する傾向があります。

たとえば、過去問では、「自家用電気工作物」の「地中電線用の管の設置工事」は、第2種電気工事士でできるかどうかを問う選択肢がありました。

「自家用電気工作物」とあるので、反射的に「第2種電気工事士ではできない」と考える受験生を罠に陥れる、すばらしい引っかけ問題だと思います。

わたしも引っかかって、「アレレ」となったのですが、よくよく思い返せば、「地中電線用の管の設置工事」は、素人でもできる工事(=軽微な作業)でした。

こんな風に、出題者も、「2段構え」で問うて来る傾向があります。

落ち着いて選択肢を読めば、必ず判別できます。出題者の罠に、陥らないようにしてください。

過去問対策-応用

過去問では見かけませんが、「自家用電気工作物のネオン工事」と、「自家用電気工作物の非常用予備発電装置」に必要な資格が問われることは、可能性としてあります。

第2種電気工事士の「権限」に関係しているので、“えっ?!、知らなかったんですかぁ?電気業界では常識なんですけどねぇ~、へえ、知らなかったの”的な感じで、出題されないとも限りません。

先の自家用電気工作物の工事には、「特殊電気工事資格者」が必要で…、

「特殊電気工事資格者」の「ネオン工事」、

「特殊電気工事資格者」の「非常用予備発電装置」、

…の資格が、それぞれ必要となります。

念のために、おさえておきましょう。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする