独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事:第2種電気工事士の筆記・法令-電気工事士法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気工事士法」の「第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事」は、そこそこの出題があります。漢字だらけでウンザリですが整理すれば憶えやすくなります。ポイントは「自家用」です。

「第2種電気工事士ではできない電気工作物の工事」は、結構、手を焼く論点です。

しかし、出るところは決まっており、深追いしても無駄になるだけです。

ポイントだけつかんで、後は放置しましょう。

自家用電気工作物はダメ

いの一の憶えるべきは、「第2種電気工事士は、自家用電気工作物の工事ができない」です。

テキストには、ネオンがどうたらこうたら記載されていますが、まず「自家用ダメ」を憶えます。

というのも、過去問で出ているのは、おおむね、「自家用ダメ」のところだからです。

細かい規定は差し置いて、まず、ここを憶えます。

過去問では

過去問では…、

「自家用電気工作物(500kw未満の需要設備)のネオン工事は、第2種電気工事士でできる」とか…、

「自家用電気工作物(500kw未満の需要設備)の非常用予備発電装置の工事は、第2種電気工事士でできる」とかが出題されています。

言うまでもなく、先の選択肢2つは「×」です。「自家用電気工作物」だからです。

第2種電気工事士ができるのは「一般用電気工作物」に限ります。

たとえば、先の選択肢が、「一般用電気工作物のネオン工事は、第2種電気工事士でできる」とか、「一般用電気工作物の非常用予備発電装置の工事は、第2種電気工事士でできる」だったら、「○」なのです。

「一般用電気工作物」だからです。

テキストには、うだうだと書かれていますが、先の「自家用ダメ」を憶えていれば、選択肢の判別が可能なのです。

本試験でド定番な出題は、以上です。「自家用」か「一般用」かで、シンプルに判断しましょう。

これで、選択肢の1~2個は、判別できるはずです。

500kw未満の需要設備は後回し

括弧書きの「500kw未満の需要設備うんぬん」は、「後回し」しましょう。

テキストには、たとえば、「自家用電気工作物(500kw未満の需要設備でネオン工事、非常用予備発電装置工事をのぞく)は、第1種電気工事士が必要。→2電工はダメ」などと記載されているはずです。

当該括弧の中は、いっその事、捨ててしまいます。

第2種電気工事士の筆記試験では、こういう細かい規定が問われることは、そうないからです。

当該括弧書きは、「法的に正確な記述」にするためのもので、試験的には、あまり意味はないです。

括弧書き部分を追求すると、こんがらがって自滅します。

他に出るところはたくさんあるので、まずは、「後回し」にして、ほとんどが学習済みになったら、手をつけるのが合理的です。

過去問ではひっかけも

敵もさるもので、ド級のひっかけ問題を、繰り出してくることがあります。

過去問では、「自家用電気工作物の地中電線用の管の設置工事」は、第2種電気工事士でできるかどうかを問う選択肢がありました。

「自家用電気工作物」とあるので、反射的に「第2種電気工事士ではできない」と考える受験生を罠に陥れる、すばらしい引っかけ問題だと思います。

わたしも引っかかって、「アレレ」となったのですが、よくよく思い返せば、「地中電線用の管の設置工事」は、素人でもできる工事(=軽微な作業)でした。

んなもんで、当該「自家用電気工作物の地中電線用の管の設置工事」は、「第2種電気工事士でもできる」という寸法です。

選択肢を落ち着いて読めば、判別できます。出題者の罠に、陥らないようにしてください。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする