独学でススメ-読むだけで独学合格できるかもしれない、適当なヒントとTips

特定電気用品と特定電気用品以外の電気用品:第2種電気工事士の筆記・法令-電気用品安全法

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

第2種電気工事士の筆記試験の法令科目「電気用品安全法」の「特定電気用品と特定電気用品以外の電気用品」は、費用対効果が悪いので、捨て問にします。ポイントは「やばい」と「ちょい、やばい」です。

結論から言うと、「電気用品安全法」は、捨てます。

理由はめんどくさいからです。

特定電気用品と、特定電気用品以外の電気用品は、数が多く、名称に漢字が多用されているので、目を通すのでさえ一苦労です。

さらに、本試験では、『何が、特定電気用品に当たるか』と、『何が、特定電気用品以外の電気用品に当たるか』が出題されるのですが、明白な線引きができないため、1つ1つを逐語的に憶えねばならず、配偶者並みの手間がかかります。

端的に言えば、「電気用品安全法」は、非常に費用対効果の低い論点となっています。

当該論点は、2~3のポイントだけに絞って、後は捨ててしまい、他の問題で点数を確保する方が賢明です。

別段、当該電気用品安全法で失点しても、少しも痛くありませんし、実務にも、そう支障はありません。

まあ、要領的なことを、ざっくりみていきましょう。

特定電気用品

一口で言います。

「特定電気用品」とは、「やばい」ものです。

テキストには、「特に危険又は障害の発生する恐れが多い電気用品」と説明されていますが、読むのが面倒なので、「やばい」の一言でいいでしょう。

言い換えれば、「杜撰な作りだと困る物」です。

本試験では、『何が、特定電気用品に当たるか』が出題されるのですが、「やばい」基準で判断して、深追いは避けます。

先述したように、当該論点は「捨てる」からです。

まず、「配線用遮断器」とか「漏電遮断器」ですが、これが“てきとー”な作りだと、「やばいな」という“感じ”がするので、「特定電気用品」と判断します。

「ヒューズ」もずさんだと、「やばいな」という“感じ”がプンプンします。

「ケーブル」や「コード」、「絶縁電線」も、作りが適当で皮膜が薄かったりすると、「超やばいな」という“感じ”がするので、「特定電気用品」です。

「点滅器(スイッチ)」も、「手」が触れるところなので、漏電していると、格段に「やばい」です。

残るは、キャブタイヤケーブル(凄く丈夫なケーブル。なお、ボイラーのメンテナンスでは、当該ケーブルが指定されている。BY二級ボイラー技士試験。)とか、放電灯用安定器とかですが、このあたりになると、面倒なので捨てていいでしょう。

ざっくり、この程度、押えておけばいいでしょう。

特定電気用品以外の電気用品

まず、当該名称の「特定電気用品以外の電気用品」の長ったらしさから、頭が痛くなります。

深追い禁物です。ざっくりいきましょう。

「ちょい、やばい」が、「特定電気用品以外の電気用品」です。

「電線管とその他の付属品」が杜撰な作りだと、「甚大じゃないけど、ちょっと、やばい」ので、「特定電気用品以外の電気用品」です。

「蛍光灯電線」や「ネオン電線」も品質が悪いと、「人の手はそう触れないけど、ちょっとやばいよね」なので、「特定電気用品以外の電気用品」です。

残るは、単相電動機やらが出てきますが、追うのはコスパが悪いので捨てます。

こんな風に、テキストの「特定電気用品以外の電気用品」を見る際は、「ちょい、やばいよね」的な文言を浮かべながら見ていくと、少しは頭に残るはずです。

次に、「おなじみ」が、「特定電気用品以外の電気用品」です。

当該「おなじみ」に該当するのは、「電気ストーブ」や「換気扇」、「テレビ」、「リチウムイオン蓄電池」といったものです。

結構、身近にあるものなので、それぞれを目にするたびに、特定電気用品以外の電気用品!、特定電気用品以外の電気用品!!、特定電気用品以外の電気用品!!!と指差し確認をすると、頭に入ります。

そのほかいろいろあるでしょうが、面倒なので、この程度で、いいでしょう。

PSEマークの区別

試験では、まれに、PSEマークの区別が出題されます。

ざっくりいきましょう。

特定電気用品は、作りが杜撰だと“やばい”物なので、角ばった、四角四面の、権威のある感じです。

だから、特定電気用品のPSEマークは、「尖がった、ひし形」です。

なお、表記ですが、まず出ないと思いますが、<PS>Eとも表記されます。表記も尖っている、と憶えればいいでしょう。

対して、特定電気用品以外の電気用品は、言うなれば、“プチやばい”だけなので、丸みのある、柔らかな感じにしています。

特定電気用品以外の電気用品のPSEマークは、「まる形」です。

なお、表記についてですが、(PS)Eとも表記されます。表示も丸い、と憶えればいいでしょう。

電気用品安全法は、ざっくり、この程度でいいでしょう。

なお、勉強方法等は「第2種電気工事士の独学」を…、

独学向け教材については、「筆記試験の教材」と「技能試験の教材」をばお目汚しください。

みんなとシェアする